ファッション、着こなし、服に困ったら見るブログ。

ファッション ヌ・ブロローグ

コラム

マフラーを買うなら無印良品!札幌で見た服を画像レビュー!

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 15 分です。

セブン!イレブン!兄貴分!(挨拶)

ども!埒之(らちゆき)です(((( 'ω' )))

前回の記事のとおり、札幌でたくさん服を見てきました!
色々着てきたので、どんどん紹介していきます!

札幌で着てきた服をピックアップ!

①GUの「ウールブレンドダブルブレストコート」 - 約6,000円


http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/295183

オススメ度:★★★★☆

以前の記事で気になっていた、GUレディースのロングコート(XL)ですね。
予想通り、これが一番良かったです。

レディースとはいっても、肩幅、胴回りなどで窮屈なところはなく、袖先は細め。
生地は固く、また膝まで伸びる丈は体型をすっぽりと隠してくれるため、お腹周りに自信がなくても体型が整って見えてかっこよかった!

生地はツイードのような起毛感があり、安く見えないのもポイント。
次に紹介するメンズのコートはツルっとした生地で、ちょっと化繊っぽさがあり安っぽく見えてしまうところもありましたが、こちらは安く感じません。

ただし……モノ自体はとても好きですが、やはり北海道では薄い…。

 

②GUのウールブレンドビッグチェスターコート(チェック) - 約6,000円


http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/296588

オススメ度:★★★☆☆

こちらも以前の記事で気になっていたGUメンズのロングコート(L)です。5,990円。
こちらも良いんですが、同じ店に上記のレディースがあるので、ちょっとオススメ度が下がります。

このチェスターは、何よりも「メンズに総柄のチェスターを低価格で提案したこと」そのものが快挙だと思っています。
GUは、トレンド感をお客さんに伝える指名を帯びているかのように旬のアイテムを供給してくれていますね!(*´ω`*)

また、「ビッグ」と商品名についているとおり、大きめに着れるため体型を隠せる効果がありますね。
実際、私の腹周りは隠れておりデブ感は薄れているかと思います。

 

生地を近くで見るとハッキリした柄で、私はレディースの起毛感がある生地の方が好きでした。
また、レディースよりも多くポリエステルが使われているせいか、表面がつるっとしていて安っぽく見えてしまうのもマイナスポイント。
あと、3ボタンのチェスターは、2ボタンに比べて襟の大きさが自然と小さくなるはずですが、なぜか横幅がある大きめの襟にしているのが違和感ありますね…。

 

スポンサーリンク

336px記事下

③ユニクロの「ツイードコート」(J.W.アンダーソンコラボ) - 完売?


http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/403202-08

オススメ度:★★★☆☆

J.Wアンダーソンコラボのツイードコート(L)です。今はオンラインで完売のようです。
(厳密には、ツイードでありグレンチェックではないです)

店頭では8,000円になっており、シルエットが抜群にいいため買うか悩みました。
しかし…GUのコートよりも薄かった(´・ω・`)
本州ではニット&マフラーで乗り越えられるかもしれませんが、北海道では難しいコートです…。

 

④Forever21の「グレンチェックロングコート」 - 約7,000円


オンラインでは見つかりませんでした…。

オススメ度:★★☆☆☆

レディースのLサイズです。店頭では、ブラックマンデー価格で安くなっていました。
(こちらも起毛感のあるヘリンボーン柄であり、グレンチェックではありません)

ビッグシルエットで、肩幅42cm(試着時はニット着てるので44cmくらい?)の私でも肩が落ちるほど。

上記のJ.Wアンダーソンのツイードコートよりは厚めの生地でしたが、GUのコートよりも薄め。歩くとピラピラと裾が動くため、そこは少しレディースライクですね。
GUより薄いとはいえ、着丈が長いので、足下が冷えにくくて暖かさはこちらの方が上かもしれません。

体型をすっぽり覆えて、襟も大きくてレディースにしてはマニッシュなデザイン。
「価格的にもこなれていて悪くないな」と思いましたが…脱いだら中綿がシャツにごっそりつきました…。

コートを脱ぐ度に「毛がついてないかな?」と気にするのはイヤなので、低評価にしています。

 

④GUの「ウールブレンドフーディコート」 - 約6,000円


http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/289759

オススメ度:★★★☆☆

オンラインで見かけたときは「フツーのアイテム」だと思っていましたが…実物は思ったよりも良かったです。たしかXLサイズを試着。

着丈はちょうど膝くらいまで伸びており、体を隠せる上にハリがある生地のため体型が出ないのも嬉しいところ。
また、ボタンはパチンと止める金属ボタン(スナップボタン)なので安っぽさはあるんですが、コートが比翼仕立てになっているのでボタンが隠れます。
そのため、ボタンが目立たずに上品な見た目。

チェスターだと固すぎるし、ダウンコートだとカジュアルすぎる…というとき、フーディコートはオススメ。
ロングコートのドレス感と、フードのカジュアル感でバランスが取れるため、ボトムスやインナーを選ばずに使えます。

私はウールのフーディコートをすでに持っているため、購入を見送り。
でも、普通にアリなコートでした。

北海道・本州問わず、冬を越せるような厚さではないのが残念でした。
秋口に良さそうな厚さですね。
コイツ寒さについてしか言及してねぇな…(゚ω゚)

 

⑤ユニクロの「シルキーフリース」2種 - 4,000円と2,000円

1枚目:http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/402828-05
2枚目:http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/403138-18

オススメ度:★★★★★

ユニクロの「ブロックテックシルキーフリースパーカ(長袖)+E」と「シルキーフリースジャケット(長袖)」ですね。どちらもXLで着ています。

両者の違いは、

  • パーカーかジャケットか
  • 右胸にポケット(ジップ)がついているか否か
  • ジップの色が生地と同じ色か否か

くらいですね。1枚目は4,000円、2枚目は2,000円です。
価格が二倍違いますが、個人的には1枚目のパーカーの方が好み(今季っぽいのは2枚目のジャケットですが)。

 

「フリースなんてオッサンの着るものでしょ?」と思われるかもしれませんが、今は若者の間でもフリースが流行。
前回の記事で触れたとおり、今は「変わった生地感」の流行があるため、その派生ですね。

ドがつくほどのカジュアルアイテムなので、逆に扱いやすいですね。シャツや革靴で簡単にサマになります。
また、今季っぽさもあり、こういうフリースの女子やおしゃれ男子、よく見かけるかと思います。
シルキーフリースという名前のとおり、とても柔らかくてツヤのある生地でできていて安っぽく感じないのも素晴らしい!

 

1枚目はジーンズ+フリースとカジュアルな服装ですが、「フリースにXLを選んでYラインシルエットを作っていること」と、「ツヤのある革靴を使っていること」から、サマになって見えるかと思います。
(ちなみに、下手にジャストサイズで買うと裾部分がリブのようにキツくなっているため、お腹周りがボテッとしてしまい、太っているように見えてしまうことも)

パーカーの方は胸ポケットがあり、パタゴニアのフリースジャケットを彷彿とさせます。

なぜか袖を通したら毛がたくさんつきましたが、店員さんに聞いたところ「一度洗ってもらえば毛はつかないです」とのこと。
前述の毛がついたコートは洗濯機に入れるわけにはいきませんが、フリースなら洗えるのでアリですね。

コートのインナーに入れることもできますし、コートを脱いでも今季っぽさが簡単に出ます。そしてもちろん、暖かい。
前回の記事で「ボア系はすぐ飽きられるのでは」と危惧していましたが、リーズナブルな価格ですから、簡単に挑戦できるのがいいですね。

 

コスパも考慮して、文句なしのオススメです。私は色で迷ったので即日購入はしませんでしたが、インナーに入れるためのブラウンか、ブルーを購入予定。
ブラックでも、モコモコした生地感のため、地味な印象は少ないです。

 

⑥ユニクロの「シームレスダウントラックジャケット+E」 - 約8,000円


http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/402360-57

オススメ度:★★★☆☆

ユニクロUのコラボラインですね。Lサイズを試着しました。
結構フィットする上に、冬場の貴重な短丈アウターですね。
襟が高くて重心が上がって見えるため、相対的に足下がすっきりして見える良アウター。

デザインそのものは好きなんですが、インナーに入れるとちょっと「着ぶくれ」するボリュームなのが残念。
また、約8,000円であり、ユニクロならちょっと安くなったコート1着分のお値段がします。
ライトアウターにコートと同じ価格をかけるかと思うと、ちょっと抵抗あるかも。

 

なお、たぶんこのアイテムの元になったのがドイツ軍のライナージャケット。

http://www.nakatashoten.com/contents/eu-300b.html(URL:中田商店)

ちょうど古着を見て回っていたら、ちょうど元ネタのEU-300Bに出会えました。
襟の大きさといい、ライナー、ポケット…とそっくりですね。
(ユニクロUのデザイナーがパクったわけではなく、ミリタリーアイテムから着想を得たアイテムですね)

なお、URLの中田商店さんでは約4,000円なので、あまり差異を感じなければ中田商店のものを買うのもアリですね。

⑦無印良品の「ウール織り柄マフラー30×180cm・ダークレッド」 - 約2,000円


https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738830436?searchno=15

オススメ度:★★★★☆

友達と飲みに行った翌日なのでお顔パンパンマンですね…。
チェックマフラーが欲しかったため、これは購入しました。2,000円ですしね!

 

ユニクロにもマフラーは置いてありましたが、カシミアも通常のアクリル製も毛が抜けやすいんですよね…。
この無印のマフラーはウール製で、しっかりとした生地なので擦っても毛が抜けることはありません。
(でも、ウールがザラザラするので、敏感な人はご注意くださいね)

 

マフラーはいくつかサイズがありますが、私は一番小さいものを購入。
通常、ストールやマフラーは大きいものを選んだ方が顔周りを隠せて「小顔効果」があるものですが…赤のチェックは、デザインも色も「カジュアル」ですよね。
そのため、サイズを小さくして、面積を抑えてカジュアルになりすぎないよう調整しています。
コートに合わせるとき、ちょっとだけ赤が入るとアイキャッチになっていいですね。


月宮あゆを彷彿とさせるカラーリング。うぐぅ。

前回の記事のとおり、「ノームコア」からじょじょに「派手」に流行が移っているため、今までのシンプルなコートだけでは物足りなく思ってしまう方も多いはず。
とはいえ、高いアウターを買い換えることはなかなかできませんから、コートに彩りを添えるためにチェックマフラーを添えてみました。

画像のようにベージュのコートと合わせると「あざとさ」が出ますが(笑)、ネイビーのコートでも良く合います。

 

「今の服装がちょっと地味…」と悩んでいるアナタ! 無印に寄ったときに一度試着してみてください!
地味な服装であればあるほど、よりマフラーが引き立って見えるはずです。
もちろん、無地もありますので、チェックに抵抗がある方は無地でも構いません。

 

「マフラーはユニクロより無印」と覚えてくれたら嬉しいです!

 

今回のまとめ「フリースとマフラーと無印!」

というわけで、札幌で着てきたアイテムは以上になります。
本当はまだまだあるんですが、全て紹介しているともっと長くなるので…。

今回のまとめとしては、

ユニクロのシルキーフリースは今季っぽくてコスパ良し!

ノームコアなコートはチェックマフラーで延命を!

「マフラーはユニクロより無印!」が合言葉!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます。
あなたの人生が少しでも彩り豊かに、楽しくなることを祈っています。

 

 

336px記事下

336px記事下

-コラム

Copyright© ファッション ヌ・ブロローグ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.